データ復旧はスピードが命|ハードディスクバックアップの重要性

CMSを使うサーバー選び

システム

Webサイトを簡単に作成し構築する方法に「wordpress」というコンテンツマネジメントシステムが挙げられるでしょう。Webを作成するマークアップ言語が分からなくても、サイト構築ができることから個人だけでなく、企業のホームページや特設サイトに活用されるようになりました。wordpressの更新性はブログのような感覚に近いのですが、ブログと異なりプログラミング言語をベースに動作しているので利用をする際はレンタルサーバーを借りる必要があります。Web制作会社やシステム関連の会社であれば自前でwordpressをインストールできるサーバーを準備することが多いです。IT系以外の会社でwordpressを使う場合はレンタルサーバーを選ぶところから導入ははじまります。サーバーを提供している会社にもたくさんの種類があり、そのプランも様々です。特にITにあまり馴染みのない企業の場合、値段のみ重視してサーバーを選んでしまう場合がよくあります。wordpressをインストールするサーバーを選ぶ際は、動作速度を重視すると良いでしょう。サーバーの速度はサイトの表示速度にも繋がります。いざ企業サイトをオープンしても表示速度が遅いとユーザーも満足できないでしょう。表示速度というのはwebサイトを構築する上でとても大事な要素なので覚えておくと役に立つでしょう。そして次にセキュリティ面です。コーポレートサイトを運用するサーバーなので、第3者の介入などが決して無い様に、セキュリティに優れたレンタルサーバーを選定することが、企業のweb担当者には求められるのです。