データ復旧はスピードが命|ハードディスクバックアップの重要性

新しいバックアップ方法

女の人

パソコンやインターネットが普及した今の時代では、社内のネットワークを構築している企業も増えてきました。大事なデータのやり取りやデータの保存など、パソコンを使う仕事では様々なデータのバックアップを取る機会があります。バックアップをとったデータは社内のサーバーに上げることが多いでしょう。しかし、企業のデータバックアップとなると膨大な容量になりファイルサーバだけでは足りなくなることがあります。そのような企業におすすめなのが、クラウドベースの技術を活用したバックアップです。クラウドのファイルサーバを提供している会社はここ数年で増えてきました。それは企業のクラウドサービスへのニーズが高まってきているのが大きな理由といえるでしょう。これまでの社内ネットワークのサーバーの場合、自宅や出先で作業をしたいときにデータにアクセスできずに困ることがありました。クラウド環境にデータのバックアップを取っておくことで、場所を問わず仕事をスムーズに進めることができるでしょう。また、クラウドサービスはパソコンだけでなくスマートフォンやタブレットなどの携帯端末でも利用可能なのが大きな特徴です。月額の費用も使用容量によって異なっており、自社に適したプランを選択することができます。いきなり大容量のプランを契約するのではなく、少しずつ使用容量増やしていくという使い方もクラウドサービスでは可能です。クラウドの興味のある企業はこれを機にバックアップ環境をクラウドに変更するのもおすすめです。